革ベルトの装着方法

皆さんこんばんは

銀座店店長の安藤です。

前回ロレックスのベルトの外し方をご紹介しましたが

今回は革ベルトの装着方法をご紹したいと思います。

今回はこちらの「アキュレイトフォルムのヴィヴィッド」を

装着して行きたいと思います。

ベルト交換には必須のバネ棒外しを用意します。

今日は突棒側、二股側どちらも使用して行きます。

この尾錠なんですがシルバーが装着されていますが

ゴールドの尾錠もご用意していますので

お気軽にご相談下さい。

尾錠も横にバネ棒が入るところに穴があるものと

ないものがあります。

こちらはあるものなので突棒側でバネ棒を押し込んで

外して行きます。

金色が入ったケースには金の尾錠が似合います。

それではベルトを装着して行きましょう。

革ベルトにバネ棒をセットしていきます。

しっかりとサイズが合ったものを装着して下さい。

サイズが合ってないとベルトが外れてしまうことがあるので

注意して下さい。

まず12時側から装着して行きます。

12時側には尾錠が付いた方を装着します。

裏表も確認して装着して下さい。

  1. 下側のバネ棒を先に入れてしまいます。
  2. 革ベルトをラグの下側にしっかりとセットします。
  1. 上のまだ入っていないバネ棒をバネ棒外しで下に下げてセットします。
  2. セット完了です。

同じ要領でもう片方を装着して行きます。

装着できたら革ベルトが外れないか確認して下さい。

横穴が開いているラグの場合、横から穴を確認すると

きちんとバネ棒が穴に入っていることが確認できます。

こちらも忘れずに確認しましょう。

これで革ベルトの装着が出来ました。

金の尾錠にした方がベゼルやリューズの金色に合っています。

自分でベルトの交換ができるようになると色々と

アレンジすることが出来てとても便利で

とても楽しいです。ベルトを外せると簡単な掃除も

出来ますしね。

ベルトの取り外しをしている動画を貼っておきます。

ぜひ、参考にして下さい。

川崎店・銀座店両店でベルトのスペシャルセールを

開催しております。

ぜひ、店頭でベルトをチョイスして下さい。

ベルト交換用の工具もご用意していますので

お気軽にお問い合わせ下さい。